突然ですが、皆さんに質問です。

毎日ポジティブに楽しく過ごしたいですか?
それとも、イライラや不安といったネガティブな感情をいだきながら過ごしたいですか?

こんにちは、デザイナーの今野です。
感情デザインに興味をもっていただいて、ありがとうございます。

感情デザインノートの無料ダウンロードはこちら

先の質問ほぼ100%の人が前者を選ぶのではないでしょうか。
嫌な気分で過ごしたいなんて人はいないですよね。

しかし、生きていれば、必ずネガティブな感情を引き起こす出来事に遭遇します。
例えば、

◯クライアントの都合で、休みが潰れた。
◯取引先担当者が苦手。
◯仕事を押し付けられた。
◯競合プレゼンで他者に負けた。
◯売上が目標に達していない。
◯パワハラ、セクハラ上司
◯フラれた。
◯待ち合わせ時間に遅れてくるやつ。
◯列に割り込んでくるやつ。

皆さんも、
こういった経験は一度や二度ではなく経験していると思います。
そして、イライラや腹立たしい気持ちになったことでしょう。

このようなネガティブな感情が沸き起こってきた時、皆さんはどのように対処していますか?
さまざまな対処方があると思いますが…

◯お酒を飲んで忘れる。
◯友達に愚痴をこぼす。
◯見て見ぬふりをする。
◯仕方ないことだとあきらめる。
◯時がたって忘れるのを待つ。
◯ストレスから逃れるため、食欲に拍車がかかる。
◯その場で反論をするまたは断る。

どの対処法もよく見聞きするものです。

これらの対処方に共通するのは
ネガティブな感情をやみくもに回避しようとしていることです。
酒を飲んで忘れたり、愚痴をこぼしたりと方法は人それぞれですが、
最初に皆さんが答えてくれたように人は嫌な気分で過ごしたくないので、
これらの行為は自然なことです。

しかし、こういった光景を見たり聞いたりするたびに、私はもったいないなーと感じます。
それはどういうことかと言うと、

ネガティブな感情が生まれたときというのは、成長できるときだからです。

お酒を飲んで忘れても、その場はすっきりするかもしれませんがネガティブな感情を引き起こす要因となっている問題から目をそむけているので、根本的な解決にはつながりません。
また同じようなことになるでしょう。
そして、また酒を飲み
また繰り返す…
これでは、いつか体を壊してしまいそうです。

では、どのようにネガティブな感情に対応したらよいのか?

私から皆さんへひとつ提案があります。

それは、ポジティブな感情もネガティブな感情も良い・悪いで一喜一憂するのではなく、
シグナルとして俯瞰するということです。

しかし、頭でわかっていてもなかなか実践するのは難しいもの。

そこで、私から簡単にネガティブな感情をコントロールする方法をご紹介します。
ペンさえあれば、どなたでも実践できます。

いますぐ、試してください。

ダウンロード内容
・感情デザインノート(本体)
・ネガティブ感情をコントロールする具体的な方法。
が無料でダウンロードできます。

感情デザインノート無料ダウンロード ▶

まとめ。

ネガティブな感情そのものを悪いものとして、むやみに避けるのはやめましょう。

ネガティブは創造の気付きを与えてくれるシグナルです!
ネガティブはコミュニケーションを円滑に運ぶためのシグナルです!
ネガティブはあなたの身を守るシグナルです!

ネガティブはあなたが成長するためのシグナル(きっかけ)です。

最後に
感情デザインを実践することで得られるメリットは様々あります。
実体験からですが、
1.自分の考えをまとめられる。自分とのコミュニケーションがとれる。
2.自分の意見を持つことができる。ブレなくなり、相手の意見にも柔軟に対応できる。
3.自分の考えが明確になることで、雑談のネタに困らなくなる。
4.自分のやりたいこと、ビジョンが見えてくる。
5.客観的に自分を見られるようになる。
6.ネガティブな感情になっても落ち込みにくくなる。(シグナルと捉えて気づきがえられる)
7.感情にながされず、冷静に判断できるようになる。
8.感情デザインをすることで思考停止に陥るのを防ぐことができる。
9.感情デザインをすることで次回の取るべき行動がみえてくる。
10.9を実行することで成長できる。

ぜひ、皆さん。
やってみてください。
実体験ですが、確実に変われます。成長できます。

ダウンロード内容
・感情デザインノート(本体)
・ネガティブ感情をコントロールする具体的な方法。
が無料でダウンロードできます。

感情デザインノート無料ダウンロード ▶